旅行記(07/07/31・木曽駒ヶ岳 後編)

9:05 頃,ようやく駒ヶ岳山頂に到着しました。

駒ヶ岳1

駒ヶ岳2

駒ヶ岳3

駒ヶ岳4

駒ヶ岳5


前日が大雨だったのでどうなることかと思いましたが,幸いにして山の天気は最高でした。(^^)
3,000 m 級の山の頂上はいつ来ても良いものです。

20分ほど頂上で休憩し,9:25 頃に下山を開始します。

9:39 頃,中岳への登山道と巻き道への分岐に到着しました。
帰りは巻き道を通ります。

駒ヶ岳6

巻き道1


この巻き道が面白かったです。
最初見た時,「どこを通れば良いの?」という感じですが,よ~く見ると岩にペンキで矢印が描いてあります。
でも途中で矢印を見失って右往左往した箇所がありました。

9:57 頃,何とか巻き道を無事に通過して最初の分岐に戻りました。

巻き道2
やっぱり巻き道は危険


ここの巻き道を通ってみた感想は,慎重に通れば特に問題はありません。
ただ,気を抜くとゴツゴツ岩の急斜面を滑り落ちる(間違いなく生死に関わる)ことになりますので,十分注意が必要です。

10:07 頃,乗越浄土に到着しました。

乗越浄土2
ようやく千畳敷が見えたが,ここからが遠い…


確かこのあたりから,頭痛がひどくなり,かなりきつくなってきました。(後から考えると,熱射病?)
ちょっと休んでから,千畳敷に向かって下山します。

乗越浄土から千畳敷までの下りが,個人的には一番辛かったです。
頭はクラクラ,足はフラフラ(実際,急斜面で1回しりもちをついた),という状況で,ちょっと休んでは下る,を繰り返します。

11:04 頃,ようやく千畳敷に戻りました。

千畳敷~駒ヶ岳往復で4時間ほどかかりましたが,最後はふらふらになりながらも何とか到着しました。
自分のスタミナ不足を実感した瞬間でした。(まあ,学生時代から持久走は大の苦手だったし…)

到着してからしばらく日陰でぼーっとしていましたが,このままぼーっとしていても良くなる気配はないので,ひとまずロープウェイで下山しました。

しらび平に到着し,菅の台バスセンター行きのバスを待つわけですが,ちょうど団体客用の貸切バスの定員に空きがあったので,それに乗り込むことが出来ました。(ここのバス路線では,こういう弾力的な運用をしているようです)
そのおかげで,一番前の補助席に座れたので,前面展望を見ながら下山しました。

ようやくバスセンターに到着し,まずは近くにある こまくさの湯 に向かい,まずは温泉に入りました。
その後,畳敷きの休憩所でそばを食べてから横になってしばらく寝てました。これでようやく体調が回復しました。

時間も 14:30 を回ったので,ようやく出発します。
体調の不調もあって思ったより時間を食ってしまいましたが,体調も戻ってきたので,予定通り中央道の駒ヶ根 IC から東京方面ではなく名古屋方面に進みます。

R152 後編へ続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック