車幅灯/番号灯の保安基準について

ふと気になったので,車幅灯と番号灯の保安基準についても調べてみました。

-----

●車幅灯の保安基準
車幅灯(いわゆるポジションランプ)の保安基準は以下で定められている。

審査事務規程 4-63 車幅灯 (PDF)

H18(2006)年1月1日以降に製作された車と,H17(2005)年12月31日以前に製作された車の,車幅灯に関する保安基準の違いをまとめると,以下のようになる。
(括弧書きの番号は,関係する審査事務規程の項番)

H18年式以降H17年式以前
灯光の色白色 (4-63-2項 (1)-②)
※方向指示器と兼用の場合は,橙色でも可
白色,淡黄色又は橙色 (4-63-9-2項 ③)
光源のワット数5W 以上 30W 以下
ワット数が上記範囲外の場合は,夜間に前方 300m の距離から点灯が確認出来ること
(4-63-2項 (1)-①)
5W 以上
ワット数が上記範囲外の場合は,夜間に前方 300m の距離から点灯が確認出来ること
(4-63-9-2項 ①,②)
視認性車幅灯の上方/下方 15°ならびに内側方向 45°/外側方向 80°以内のすべての位置から見通せること (4-63-2項 (1)-③)(規定なし)

※取付要件の差異については省略

よって,H18年式以降の車のポジションランプにイエローやアンバー色のバルブを使うのは車検非対応となる。
(H17年式以前なら OK)

●番号灯の保安基準
番号灯(いわゆるライセンスランプ)の保安基準は以下で定められている。

審査事務規程 4-68 番号灯 (PDF)

現在の規程では,番号灯の灯光色は「白色」と規定されている。(審査事務規程 4-68-2項 (1)-②)

番号灯については,平成17年式以前についても灯光色は同じ(白色限定)である。

-----

時折,ポジションランプやライセンスランプに青色 LED を付けている車を見かけますが,あれは明らかに違反です。

従前規定を細かく読むと,車幅灯は昭和48年11月30日以前,番号灯は昭和35年3月31日以前に製作された車については,灯光色に関する指定が書かれていないので,どうしても青色 LED を付けたい方はクラシックカーに乗って下さい。(爆)

#2007/3/28 修正: 車幅灯の保安基準の灯光色以外について加筆しました。

この記事へのコメント

2008年05月25日 09:00
はじめまして。車幅灯について調べていたところこのブログに来ました。
とてもわかりやすくまとめてありましたので、このたび自分のブログで車幅灯と方向指示器を兼ねる(通称ウインカーポジション)場合についてまとめた際にShimadaさんの記事を引用させて頂きました。事後報告ですみません。もちろん引用元は明記してありますが、もし問題がありましたらご連絡ください。

この記事へのトラックバック

  • 車幅灯

    Excerpt:   きょう、仕事の帰りにディーラーに寄って クルマを預けてきました...車検の時期なのです 家に戻ってくつろいでいたら電話がかかってきて 「車幅灯が暗すぎて、あのままでは車検に通らない」とのこと   .. Weblog: ういろー・ざ・わーるど racked: 2008-11-01 21:43