前照灯/フォグランプの保安基準について: 補遺

前照灯の灯光色が「白色」限定になった経緯が以下のサイトに載っていました。

道路運送車両の保安基準等の一部改正に係るパブリックコメントの募集結果について
http://www.mlit.go.jp/pubcom/02/kekka/pubcomk77_.html
(頂いた御意見)
  • 前照灯の灯光の色は、道路状況により黄色光のほうが白色光より視認性が優れている場合があるので安全面から選択できるようにすべき。(1件)
  • 車幅灯の灯光の色は、現行の基準(白、淡黄色、橙色)を改正しなくても不都合はないのでは。(1件)
  • 特殊自動車の車幅灯は汎用品の方向指示器と一体化されている装置を使用しているため、橙色の灯光を認めてもらいたい。(3件)

(国土交通省の考え方)
 前照灯及び車幅灯の灯光の色については、自動車の前面の灯光の色を白色に統一するという国連の自動車基準調和世界フォーラムの灯火器専門分科会における方針に沿ったものであり、方向指示器の灯光の色(橙色)と明確に区分し被視認性の確保を図るものです。

国際基準に合わせるため,ということでしたらやむを得ない面がありますが…。
でしたら,フォグランプは標準装備にするか,もしくはディーラーオプション等で容易に後付け出来るように配慮して頂きたいものです。

ちなみに,今私が乗っているフォレスターの現行モデル(SG5F)の場合,2.0X と L.L.Bean EDITION 以外はフォグランプの設定がなく,後付けする術も(基本的には)ありません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック