前照灯/フォグランプの保安基準について

先日車を買い換えたのですが,その際に最近変更になった灯火周りの保安基準変更について調べていました。
せっかく調べた内容を何かの形でまとめておかないと忘れそうなので,備忘録代わりに当 Blog にアップしておきます。

当方が Google 先生で調べた限りだと,これらの情報についてきちんとまとめているページもないようなので,他の方のお役に立てればこれ幸い,ということで。

(あくまでも私が規程を読み取った上での判断なので,実際の車検においてはこの通りにいかない可能性もあります)

-----

●保安基準について
自動車検査独立行政法人が定める「審査事務規程」に基づいて自動車検査(車検)が行なわれる。
審査事務規程は以下の Web ページから PDF 形式でダウンロード可能である。

http://www.navi.go.jp/

この保安基準はすべての車に一律に適用されるのではなく,自動車の製作年月日により適用される基準は異なる。
よって,以前は車検 OK だったのが後から車検 NG になって取り外さなければならない,ということは基本的にはない。

ご参考:FAQ: 古い自動車のための基準はありますか?

●前照灯の保安基準
走行用前照灯(いわゆるハイビーム)とすれ違い用前照灯(いわゆるロービーム)の保安基準は以下で定められている。

審査事務規程 4-57 走行用前照灯 (PDF)
審査事務規程 4-58 すれ違い用前照灯 (PDF)

現在の規程では,前照灯の灯光色は「白色」と規定されている。(審査事務規程 4-57-2-2項 ②)
しかし,H17(2005)年12月31日以前に製作された車については,灯光色は「白色または淡黄色」と規定されている。(審査事務規程 4-57-8-2項 (1)-④)

よって,H18年式以降の車の前照灯にイエローバルブを使うのは車検非対応となる。
(H17年式以前なら OK)

●前部霧灯の保安基準
前部霧灯(いわゆるフォグランプ)の保安基準は以下で規定されている。

審査事務規程 4-61 前部霧灯 (PDF)

H18(2006)年1月1日以降に製作された車と,H17(2005)年12月31日以前に製作された車の,前部霧灯に関する保安基準の違いをまとめると,以下のようになる。
(括弧書きの番号は,関係する審査事務規程の項番)

H18年式以降H17年式以前
灯光の色白色または淡黄色 (4-61-2項 (1)-①)走行用前照灯と同じ (4-61-7-2項 (1)-⑤)
→つまり,白色または淡黄色
取付位置(上下方向)照明部の上縁の高さが地上 800mm 以下,かつすれ違い用前照灯の上縁よりも下に来ること
照明部の下縁の高さが地上 250mm 以上
(4-61-3項 (1)-②)
照明部の中心がすれ違い用前照灯の中心よりも下に来ること (4-61-7-3項 (1)-②)
取付位置(左右方向)車の最外縁から 400mm 以内 (4-61-3項 (1)-④)(規定なし)
その他取付要件同時に3個以上点灯しないこと (4-61-3項 (1)-①)
フォグの点灯状態を運転者に表示する装置を備えること (4-61-3項 (1)-⑥)
フォグ単独で ON/OFF 出来るようにすること (4-61-3項 (1)-⑧)
スモール消灯時には点灯出来ないようにすること (4-61-3項 (1)-⑨)
点滅しないこと (4-61-3項 (1)-⑩)
同時に3個以上点灯しないこと (4-61-7-3項 (1)-①)

よって,H18年式以降の車のナンバープレート横にフォグランプを付けるのは,左右方向の取付要件を満たさないため,車検非対応となる。
(H17年式以前なら OK)

また,フォグランプの灯光色は実質変更無しなので,イエローフォグは H18年式以降の車でも車検対応となる。(全く問題なし)

-----

なぜこんなことを調べたかというと,次の車はスバル フォレスターのクロススポーツ 2.0i というグレードにするつもりだったのですが,このグレードがフォグランプ設定無しだったためです。
ということで,今回は合法的にイエローバルブ or ナンバー横のフォグの取付が可能な H17年式 (SG5D) 限定で中古車を探しました。

その結果,こうなりました

#07/02/08 修正: 羽豚さんの Blog にてイエローフォグを NG と言っている業者の話が載っていたので,フォグランプの灯光色について加筆しました。

#09/02/11 修正: ここに書くのが遅くなってしまいましたが,結局車検を出す際にはイエローバルブを外す羽目になりました…。(その時の顛末はこちらをご覧下さい
当方の行きつけのディーラーがいわゆる「認証工場」なので,陸運局への持ち込みが不要な「指定工場」であれば説得如何で何とかなったかもしれません。(もし可能であれば,次回は「指定工場」での車検にチャレンジしたい)

この記事へのコメント

マーサー
2008年05月19日 01:54
ブログ読ませていただきました。
今更ですが大変役に立ちました!
ありがとうございます!
 
2009年03月03日 10:59
古い記事に今更突っ込むなと言われそうだけど
「指定工場」なら云々のくだりはNGです。
贈収賄容疑になります。罰金刑ではないので非常に重い刑になります。認証で駄目で指定ならOKという事はありません。(建前ですが…)
2009年03月03日 12:32
↑の名無しさん,古い記事へのコメントありがとうございます。

ここの記事を隅から隅まで読んで頂くと分かるのですが,当方の車(フォレスター)は平成17年式なので,イエローバルブは保安基準的には合法です。
ですから,「指定工場」に行って説得を試みたとしても贈収賄でも何でもなく,保安基準を正しく解釈するよう訴えているだけです。

もちろん,平成18年式以降の車であればイエローバルブは NG なので,あなたのおっしゃる通りになります。

この記事へのトラックバック