tsh @WebryBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006/07 長野方面の旅行記(その2)

<<   作成日時 : 2006/09/10 14:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日目,大雨の降る中スタートです。
まずはR18を南下し,その後R403に入ります。(途中で雨もやみました)
本日最初の目的地は,旧国鉄時代に選定された日本三大車窓の一つ,姨捨です。
道はやがて登りのうねうね道に入り,しばらく走ると左折方向が姨捨駅という青看板が出て来ますので,指示通りに左折してしばらくすると姨捨駅に出ます。

駅に着いたところ,ちょうどタイミング良く松本行きの快速(E257系9連)と長野行き普通(115系3連)の交換シーンに出くわすことが出来ました。
先にE257系が待避線に首を突っ込んでから,バック運転でホームに入ってきます。その後,115系が入線し,先に115系がバック運転で発車していきます。(待避線にバックしてから,坂を下っていく)

E257系
姨捨駅にバック入線してくるE257系快速


113系
E257系入線後に,113系が入って来る


姨捨駅からR403に行く途中の道で見晴らしの良い箇所があったので,そこで撮影。

姨捨
姨捨からの景色


その後,R403→県道303→R143と通って美ヶ原林道の入口を目指す…のだが,期待していた看板はなく,浅間温泉付近で迷子になってしまいました。(^^;
地図を改めて確認して,温泉街の中の道幅が狭くかつとんでもない急坂を上っていくところが林道の入口なのは確認しましたが,なにやら「通行止」の看板が…。
最初は単に看板の撤去し忘れの可能性もあるので,行けるとこまで行こうと入り込んだのですが,すぐに2枚目の看板が…。
不覚にも写真を撮るのを忘れたのでよく覚えていませんが,通り抜け不可云々と書いてあったように思います。
…これを書いている時点でGoogle先生に聞いてみたら,やっぱり通行止めで正しかったようです。

http://blog.zaq.ne.jp/ueponnohitorigoto/article/125/

で,どうしようかと地図を見たら,R254 三才山トンネルを抜けて,そこから県道464に入れば良いか,ということでR254に向かいます。(この時点で既に罠に掛かっているのだが,その時点ではすっかり忘れていた)

トンネルを抜けて,料金所で500円を払って,すぐに右折するはずなのですが,そんな道どこにもない…。
料金所を出てすぐにちょっとした駐車場(トイレ付き)があるのでそこに車を止めて探したところ,一応道は発見しました…が,入口は柵で厳重に封鎖されており,中は廃道状態でした。(動転していたようで,また不覚にも写真を撮るのを忘れた)
現地に着いてから,以前に(確か)このページで県道464が通行止,というのを読んだのを思い出しましたが,着いてから思い出しても全く役に立ちません。

ということで,まずはトイレに寄ってから(爆),仕方なくR254→R299→県道62と大きく迂回して美ヶ原に向かいます。

ようやく美ヶ原へ向かう道(県道464)に到達し,うねうね坂を延々と上っていきます。
途中霧がかかっている箇所もありましたが,無事に美ヶ原高原美術館に到着しました。
といっても美術館に入るわけではなく,単にトイレ(またトイレかよ!)を借りに行っただけですが。(お礼がてら,売店でおみやげを買いました)

その後ビーナスラインのトレースに入ったのですが,途中から霧がすごいことになってきました。(前日の渋峠もすごかったが,それ以上)
途中に待避所があったのでそこに車を止めてお昼にしたのですが,全然見えません。

ビーナスライン
当日のビーナスラインは,こんな感じでカーブの先が全然見えない


こういう時にフォグランプのありがたみがよく分かりました。
といっても,フォグランプを点けることで前方の視界が良くなるわけではなく,むしろ対向車がフォグランプを点けてると,対向車が近づいていることが容易に判別出来るためです。(フォグランプを点けていない対向車が来ると突然視界に対向車が現われるため,ちょっとびっくりします)
また,待避所から本線に合流するときも車が近づいているかどうかがさっぱり分からないため,ちょっと躊躇します。(こういう時は窓を開けて,音で判別するのが良さそうです)

天気が悪かったせいもあって交通量も少なく,霧の中ゆっくりと進みます。
ようやく霧のひどい箇所を抜け(その後も霧があったことはあったが),霧ヶ峰のところで左折し,ちょうど白樺湖が見えてきた所で何箇所か崩落で道がなくなっている箇所があり,応急処置で山側に道を広げて片側交互通行にしてました。

白樺湖のところでR152と交差しますが,そのまま直進して白樺高原の方に進みます。
途中,ピラタスの丘を過ぎた辺りで「R299 麦草峠方面はこっち」といった感じの看板に誘われて左折し,蓼科の別荘地の中を道なりに訳も分からずに進み,一応R299に放り出されました。(後で地図を見てみましたが,自分がどの道をどう通ったのかが結局さっぱり分かりませんでした)

R299を麦草峠方面に向かってうねうね道を上っていきます。

麦草峠
有名な麦草峠の看板
(逆光だったので,進行方向の逆側から撮影)


麦草峠は別に見晴らしが利くわけではないので,看板の写真を撮ったらすぐに出発します。
うねうね道を下りていくと,途中で「中央道方面はこっち」といった感じの看板に誘われて右折し,県道480を通ってR141に出ます。
途中でR141を左に外れてJR野辺山駅に寄り,駅前の売店でソフトクリームを買って,少し先にあるJR最高地点の踏切に寄ってから,R141→中央道と乗って帰途に着きました。

今回のドライブは急造の予定だったので色々とハプニングもあり,また天気も悪かったせいもあって景色を望める場所が少なかった(辛うじて姨捨だけ)のが残念でしたが,当初の予定よりも早く国道の標高最高地点ベスト3をクリア出来ましたし,ひたすら山道の運転を楽しむ,といった感じでした。

で,国道の方の経験値はこうなりました。



順位路線名場所標高経験値
1R292渋峠(群馬県〜長野県)2,172 m1回だけ
2R299麦草峠(長野県)2,127 m1回だけ
3R120金精峠(群馬県〜栃木県)1,840 m1回だけ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2006/07 長野方面の旅行記(その2) tsh @WebryBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる